Article

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - ■太郎SHOP

太郎SHOP 旧インデックスが未だに先に表示される理由

2015/ 02/ 14
                 
検索エンジンで、適当なキーワードを入れて検索すると
以下のような感じで検索にヒットします。

太郎SHOP
www.taroshop.com/old-ind.htm
... 大山倍達、梶原一騎、ダイナミック空手、100万人の空手、売買、掲示板、買い取り、買取、買入れ、大量処分、廃棄、XP、四条畷、大東市、大阪、中古品、新品、アウトレットの販売、衣類、趣味、アイドル、写真集、雑誌、格闘技、などもあります、プレミア有り!


勿論、一行目の 太郎SHOPは <TITLE>太郎SHOP</TITLE>がヒットした訳ですし

二行目以降の文字例も
<META NAME="description" ~略~

が反映されたものだと思います。

よくメタタグのdescriptionは、出きるだけ文章のように記載しなさい。
という説明がなされる場合が多いですが

それでも、遠の昔に更新を止めた(数年前から更新していない)
旧トップページの方が未だに、現トップページよりも先にヒットするのは
不思議な感じがしますねぇー・・・

ましてや文章ではななく、
メタタグの「description」と「keywords」は、全く同じ文字を
「、」で区切るか「,」で区切るかの違いだけで、全く同じです。

※旧トップページのソース参照

更に、文字数は120文字前後までにしなさい。が定説ですが
旧トップページは、無駄なくらい莫大な文字を記しています(笑)

あと、重要な順に先頭に検索して欲しい文字を入れる。
と言われてて、自分のサイト名を先頭に持ってくるなど無意味。
というのを何かで見たことがあるけど

そりゃあ、サイト名知らない人に、検索でヒットさせて知らせるのが目的なので
自分のHP名入れても、よほど大手で無い限りは無意味だし
大手ならサイト名入れる必要もない。というのは分かるんですが
旧トップページの先頭が、「太郎SHOP」ですからね(笑)

検索ヒットの「description」も
余りにキーワード膨大に入れすぎたので、略して、つんまんだように表示されてるし(笑)

いや、まぁ
ここまで自傷的なことばかり書くと
もう検索でヒットしないようになるかもしれませんが・・・(笑)

まぁ、本当のことを書いた方が良いと思うし
それでヒットしなくなっても検索サイトが判断するものなので
従いますが・・・(^^;


なんだか、これはダメ、あれはダメ!とSEOでいわれている事ですが
全てが全て当てはまる事ではないのかもしれません。
隠しキーワードなんかの記載も、Googleさんなら100%既に気づいているだろうという
素人でも分かる感じですし (というかそういうサイトが上位に並んでる現状ですし)

個人的には、旧トップページは、その内、もっとシンプルにする予定ですが
(ヒットしなくなっても、まぁ、仕方が無い・・・)


とここまで書いておいてなんですが

検索のヒットなどというものは
どういうキーワードで検索したか? キーワードは幾つか?
などにもよるんですけどね。

ぶっちゃけ、この組み合わせで検索する人なんか居ないだろう。
というワードで検索すれば、当然自分のHPが上位でヒットするのは当たり前で(笑)


因みに、Googleと、Yaoo!では、ヒットする順位が違いますが、あまり変わらないけど
Bingで検索すると。なんと! 現トップページの方が、結構上位でヒットする(笑)

しかも、反映が早いのか?、つい最近書き換えた文字例でヒットしてるし(笑)

面白いもんですね。

SEO効果があるか?ないか?を確かめるのには
Bingで確認した方が、手っ取り早いんですしょうかね??

自分はSEOは、殆ど真剣に取り組んだことがないので
SEO対策とか、そういうんじゃなくて
検索エンジンごとに、こうも違うのか~。
という面白さは、分かりました(^^


本当はちゃんと、ある程度はやらないとダメなんでしょうけどね・・・

でも、やはりなぜ? というのが
未だに、現トップページよりも、
数年間更新して無い旧トップページの方が上位にヒットしてるのが
不思議でしょうがない。

ほぼメモの書きとめレベルの内容(見た目)だったんですけどね。旧トップページは

HPの顔であるトップページに

思い立ったことや、サブページで表記されるであろう内容を
全てトップページのみに集めてたんですけどね(笑)

あと、アイドル雑誌の大量買取が頻繁にあった頃に
お菓子系アイドルの雑誌の掲載情報データ
(データなんていうほど大したものでもないですが・・・)
このページが未だにアクセス解析では断トツでトップ
というよりも、トップページのアクセスよりも
この、お菓子系アイドルの掲載情報のページへのアクセスが90%(笑)

ここも数年全く更新していません(笑)

http://www.taroshop.com/B-Data-00.htm

※しかも、ここから更に、あ行~から始まる各ページへのアクセスも含めた
全体の90%です(笑)


理由は分かりますけどね。

お菓子系アイドル残党の皆さんは今でもご健在で
でも、昔のB級グラビア雑誌なので、検索しても
一人一人の当時のグラドルの名前でヒットする確率が少ないですしね
ようは取り扱っているHPが無くなってきた事が原因かと。
(しかも自分の場合、その中から更にマイナーな人ばかりデータしてるし)
それで、ウチがヒットする。 と(笑)

検索ヒット数が絶対的に少ないので、
それに似た名前の個人の人とか、一字違いの人とかが
ヒットする事ってよくありますよね(笑)

そのキーワードでは競合する相手が少ないので
当然、ヒットしやすいけど・・・

検索されてるキーワードがマイナーだから、それは良いけど


肝心な一般的な言葉での検索が100ページ超えても出てくる気配がない(笑)
(まぁそれは大袈裟として)

そこが、問題だ!
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。